ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

飲めるハンバーグ(高田馬場・ハンバーグ)

飲めるハンバーグ

「飲めるハンバーグ」なんて店名をつけてあるから、酒の肴にぴったりなハンバーグかと思ってました。

実際、私の後に来た客も「あのぉ、食事だけでもいいですか?」と申し訳なさそうに尋ねてましたから、かなりの割合で同じ印象を受けるのでしょう。

飲めるハンバーグ

高田馬場にオープンした「飲めるハンバーグ」とは、飲めるほど柔らかい、という意味。

まあるいハンバーグを割ると、固まってるのは表面だけで、中からピンク色の半・液体がとろーんと崩れてきます。

この“飲める”ほどの柔らかさの理由は肉の挽き方。
二度挽いているそうですが、このジューシーさからすると脂身の割合もかなり多そうです。

「このままでも大丈夫ですが、お好みで鉄板で火を通してお召し上がりください」と言われるのですが、正直、火が通ってないんじゃないの?というレベル。

A5等級の和牛だそうですし衛生管理がよければ大丈夫でしょうが、半・液体という形状の印象もあり熱々の鉄板に押しつけて、ある程度固めて食べてみました。

燻製醤油

鉄板が熱いためソースは別皿で提供され、それにつけて食べるスタイル。6種類も用意されているなかから、スタッフが個人的に好きだという「自家製燻製醤油」にしました。

燻製醤油

出てきた醤油を嗅ぐと、たしかにチップの香りがついています。これに温泉卵を投入してハンバーグを浸して食べるとたしかにおいしい。肉の素性の良さが出ている感じです。

このハンバーグの焼き方は独特で、まず表面を焼いたあと、スチームコンベクションオーブンで加熱。そのあとさらに電子レンジで加熱して鉄板へ。

スチームコンベクションでの調理中、ハンバーグの中に差し込まれた温度計の表示は35度近辺。
保健所が飛んできそうな数値ですが、中心部まで火を通すと表面の柔らかさが維持できなくなるため、わざわざ電子レンジで中心部を加熱するようにしたのでしょう。しかし、そうまでして“飲める”ことにこだわるのもやや不思議な気もします。

飲めるハンバーグ

価格はハンバーグと付け合わせつきの鉄板が1,580円、ラージが2,400円。
これにライス単品で250円、スープがついて350円ですから1食2,000円前後。

まあ味もよく、ほかにないユニークな食べ物ですので一度は行ってみてはいかがでしょうか。

「飲めるハンバーグ」(高田馬場・ハンバーグ)
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13216050/

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 飲めるハンバーグ(高田馬場・ハンバーグ)
ジャンル 洋食, ニッポンの洋食, その他西洋料理
TEL 03-6457-3435
住所 新宿区高田馬場2-9-1
飲めるハンバーグ(高田馬場・ハンバーグ)
Googleマップで見る
交通手段 高田馬場駅より早稲田通りを東へ5分
営業時間 11:00~14:30 17:00~22:00
定休日 なし(年末年始除く)

関連記事

広告