ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

エンゼル(神奈川三崎港・まぐろ料理)

上の写真は「まぐろカルボナーラ」。

まぐろを使ったこと以外は正統派のカルボナーラで、ふんわりこってり優しい味。
もう少しコショウなどの刺激があれば完璧でしょうが、なかなかの水準です。

ここは、三浦半島の三崎港にあるまぐろ尽くしの店。

エンゼル

まぐろの刺身はもちろんのこと、まぐろづけ丼にまぐろユッケにまぐろ焼売、まぐろ餃子は焼きとスープ(水餃子)が揃っていて、まぐろ酢豚風も。

エンゼル

店の営業形態こそ喫茶店となっていますが、たぶん三崎でもっともまぐろ料理の種類が多い店。

まぐろへの愛も、もっとも深い店かもしれません。

エンゼル

そして、「まぐろソースかつ丼」。

いま、三崎でB級グルメといえば、B-1グランプリにも出場している「まぐろラーメン」ですが、「まぐろソースかつ丼」はその登場の4年も前に誕生した先輩格です。

2003年、新たな名物を模索していた飲食店が集まり
1)まぐろの尾の身を130グラム以上使うこと
2)できるだけ 地元・三浦産のキャベツを使うこと、
などの“掟”を定め、地域共通メニューとして誕生させました。

エンゼル

その後、ラーメンのほうが追い抜く形となり、まだ知名度がいまひとつですが、それぞれの店で特色を出し、おいしいかつ丼を提供し続けています。

この店のまぐろソースかつ丼は、浅めの丼というか深めの皿にご飯を盛り、ふわっと柔らかく揚げた大きなカツを2~3枚乗せたもの。

エンゼル

一緒についてくるソースがフルーティーで、まるでドレッシング風であることもあってさっぱりとした味わいに仕上げられています。(お好みで卓上の普通のソースを使っても可)

「まぐろユッケ」もまたたれが本格的でおいしく、当然、まぐろですから獣臭さがありません。
これもまた新たな味わいです。

エンゼル

餃子も以前、まぐろ餃子(焼き)を食べたので今回は「まぐろスープ餃子(水餃子)」を頼んでみたのですが大きな餃子が5個、たっぷりのニラとしめじが添えられたスープに入って出てきます。

エンゼル

やや厚めの皮のなかには、まったく臭みを感じないまぐろの身とキャベツがぎっしりと詰められており、噛んだ瞬間じわっとでてくるスープ(汁)もおいしく思わず顔がほころんでしまいます。

いやとにかく、なにを食べてもまぐろのうま味だけを引き出し、臭みはうまく消されていて、不快な味がまったくありません。その技量たるや、ご主人のセンスと努力、そして試行錯誤にかけた時間の賜物なのでしょう。

ヘンに寿司だ海鮮丼だと騒いで並んでがっかりするくらいだったら、最初からこの店でまぐろの持つ潜在力に驚いてみたほうがよほど充実した休日にできると思います。

ぜひ一度、行ってみてください。

 

 

 

「エンゼル」(神奈川三崎港・まぐろ料理)
https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14011384/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 エンゼル(神奈川三崎港・まぐろ料理)
ジャンル 和食, 鮮魚, 郷土料理, 大衆食堂・定食
TEL 046-881-4573
住所 神奈川県三浦市三崎4-12-4
エンゼル(神奈川三崎港・まぐろ料理)
Googleマップで見る
交通手段 三崎港バス停より徒歩3分
営業時間 10:00~19:00
定休日 第1・2・4月曜・第3日曜

関連記事

広告