ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

鳥藤 場内店(築地場内・鶏料理)

半分がカレー、半分が親子丼。

築地市場の場内にある食堂「鳥藤場内店」の名物、「親子カレー」です。

香りと辛さが強いカレーを、鶏肉の卵とじの隣に添えてしまえば、当然勝つのはカレー。
親子丼の味なんかしないんじゃないかと誰でも思いますが、それが不思議なことにがっぷり四つで組み合い、お互いを殺すことなく主張し合うのです。

そう聞くと誰もが、どうせカレーが甘口で香りも弱いんだろう、と思うでしょうが、逆にカレーは想像を裏切るなかなかのスパイシーさ。

カレー単体の辛さと卵とだしの甘さの調和こそがこの親子カレーの真骨頂なのです。

鳥藤場内店

もともと「鳥藤」は鶏肉の専門店として、築地の場外で店を構えてきました。
生鮮に加えて唐揚げやローストチキンなど、鶏肉の加工品を販売する傍ら、少し離れた場所に「鳥藤分店」を開き、鳥めしや親子丼などを提供してきました。

そして3店目として市場内に開いたのがこの「場内店」。
「市場で働く人々のための“日常食”」をコンセプトにしたというだけあって、メニューの多くが1,000円以下とお手頃。周囲が寿司屋や海鮮丼屋に埋め尽くされ1,500円以上のメニューが普通になっているなかで逆に新鮮に感じます。

なお、この店の代表でもある親子丼にも変わり種が。

鳥藤場内店

それは「親子丼 しお」。なんと塩味の親子丼です。

普通の醤油を加えただしではなく、鳥がらを煮たてて取った白濁スープをベースに塩味でまとめただしが卵とじのベースとなった親子丼なのです。

鳥藤場内店

この白濁スープ、ほかの定食などにも添えられるのですが、濃厚でまさにうま味の塊。
それだけあって親子丼に使われてもしっかりと味のベースとして不足感がありません。
こんな親子丼があったのか、と驚いてみてください。

 

鳥藤場内店

さらに場内店限定のメニューが「親子丼 しお2号」。
「しお」に魚粉を合わせたもので、大きくは違わないものの、いいアクセントとなっています。

鳥藤場内店

また「シンガポールチキンライス」や「キーマカレー」など、洋食系のメニューにも次々チャレンジし、楽しませてくれます。

魚河岸・築地の真ん中にあって、鶏料理専門店として気を吐く「鳥藤場内店」。

築地でうまいのは魚だけじゃないよ、と語ってくれているようです。

「鳥藤場内店」(築地場内・鶏料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/R6343/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 鳥藤 場内店(築地場内・鶏料理)
ジャンル 和食, 丼もの, 弁当・総菜, 大衆食堂・定食
TEL 03-3542-7016
住所 中央区築地5-2-1 築地市場 8号館
鳥藤 場内店(築地場内・鶏料理)
Googleマップで見る
交通手段 築地市場駅より徒歩6分
営業時間 6:00~14:00
定休日 日祝 市場休場日

関連記事

広告